雨の新居浜太鼓祭り

今年も新居浜太鼓祭りが始まりました。息子と一緒に伊予銀行に行ったらこんなノートもらいました。地元住民の太鼓祭りへの愛がすごいです。

新居浜市政80周年記念の年ということで、いつも以上に賑わう…のでしょうが、残念ながら雨。どうやらお祭り最終日までお天気はあまりよくないようです。

新居浜市民の誇る太鼓祭り、雨だろうがお構いなしのようで、今朝は午前3時に神社に太鼓台が入ったとニュースの映像を見ました。我が家の近くでも、まだ暗い早朝5時頃から太鼓が鳴り出し、寝ていられなくてトイレに行ったら息子も起き出してきました。お祭り前の金曜日は、深夜0時を過ぎているのに太鼓が鳴り続けていました。新居浜市民にとっては普通のことなのかしら?県外から来た私には正直きついし、真夜中は勘弁して欲しいのですが(-_-;)誰からも苦情は出ないんですかね。お祭り関係なくお仕事のひともいるし、お年寄りや小さい子がいる家では睡眠を妨げられるのは辛いと思うのですが…

愛媛では同じ時期に西条市、四国中央市、八幡浜市でもお祭りがあって、ニュースで各地のお祭りが紹介されています。新居浜は18日まで続きます。

スポンサーリンク

 

ネックレス作りました

フォレソレイユというネックレスの手作りキットを買って作ってみました。ただパーツをつなげればいいのかと思いきや、リングに紐を編み込む作業が必要でした。しかもビーズを通しながらです。きつめに引っ張って形を整えながら編み込むのですが、楽しかったけど何気に時間がかかりました。

あとは基本的には丸カンを使ってパーツをつなげる作業でしたが、リングやチェーンをパーツの表裏を揃えながらつなげるのがちょっと手間でした。3時間くらいで出来たでしょうか。

パーツが可愛いなと気に入って買ったのですが、パーツを作っているのは大阪のbellybellyというお店みたいで、楽天市場にショップを出しているのを見つけました。

楽天市場 ビーズパーツ・アクセサリーキット・アクセサリー bellybelly

パターンを自分で考えて、好きなパーツを買いそろえて手作りするのも楽しそうだと思いました(^^)

実は途中のリングのサイズを間違えたことに終盤気づいたのですが、チェーンに手間取った箇所だったので面倒になり、レシピ通りじゃなくてもいいや!とそのままにしてしまいました(^^;)

その人その人の好きな組み合わせで作るのも面白いものができそうです。

スポンサーリンク

ぼく地球(ぼくたま)シリーズまだ続く

「ぼくの地球を守って」という日渡早紀さんの漫画をご存じでしょうか。通称「ぼく地球」ぼくたま、です。1986年から1994年に連載されていた漫画で、当時友達に借りて読んだのですが、大人になって子供も生まれて、急にまた読みたくなり文庫版を買いそろえてしまったのですが、その後の話が2003年から「ボクを包む月の光」として連載されていることを知り、現在そのまた続編「ぼくは地球と歌う」3巻まで買いそろえている私です。大人は買える(^^;)

ぼく地球は本当に大好きで、ハラハラしながら、時に泣きながら読んだので、続編も非常に期待したのですが、絵柄がかなり変わっていてガッカリ(-_-;)昔の絵柄が良かった…。特にボクを包む月の光の1巻表紙は衝撃的でした。顔の輪郭も嫌いだったし、手足のバランスも目も嫌いでした。

でも、ぼく地球の終わり、輪くんの思いをありすちゃんを始めとする月のみんなが救い出したとは言え、ちょっと紫苑としては切なさが振り切れないでいたので、続編で紫苑の思いも、紫苑を思い続ける輪くんの思いも救われたみたいで良かったです。

それから親子の繋がりに関するストーリーが増えて、私自身、親になっているので泣ける所が増えたかなと思います。

そして現在のぼくは地球と歌う、絵柄が若干柔らかくなった気がします。内容的にはまたまた月の仲間達に関わる部分が中心になるみたい。

ぼくは地球と歌う 「ぼく地球」次世代編II 3 (花とゆめコミックス) [ 日渡早紀 ]

かつて中学生だった私が読んでいた漫画を、同じく中学生の娘も一緒に読んでいます。長く続く漫画って、他にも沢山ありますが、親子で同じ年代に読めるってすごいですね。感想や今後の展開を予想しあうのも楽しいです(^^)

スポンサーリンク

お父さんを待つ愛犬

夫が昨日は宿直だったため、昨日の夕方と今朝は私が散歩に連れて行ったベス。

「今日はお父さん泊まりだから私と行こうね」と言って連れていき、ちゃんとご飯も食べたけど、夫が帰って来るのを待ってるみたいでいつもの夕方の定位置で門の方を見ていました。

夜にはあきらめて寝床に移動したけど。今日はお父さん帰ってくるよ、ベス。でも散歩はお姉ちゃんと弟ペアが連れて行くかも?

待っていてくれるベス、お父さんうれしいね?

スポンサーリンク

 

えひめ国体明日まで

スポンサーリンク

えひめ国体、桐生選手が滋賀代表で出場したりと、愛媛のニュースでは毎日大きく取り上げられ、子供たちも学校行事として競技応援に行っていました。

娘はサッカーと空手、息子はウェイトリフティングを見に行きましたが、なかなかない機会だし、お友達と一緒で楽しかったようです。

愛媛での開催とあって、イオンなど大型店でも大々的に応援コーナーを設けていて、愛媛のゆるキャラのみきゃんもダークみきゃんも大活躍です(^^)

明日も晴れの予報、皆さん練習の成果が発揮できますように!

ちょびリッチ もうすぐ1000円分のポイント♪

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

私が利用しているお小遣いサイトちょびリッチ。

今現在ポイントが1941ptで、あともう少しで2000pt、現金1000円に交換できます!サイトの名の通り、ちょびちょびためてちょびちょび現金に交換して私のお小遣いにしています(^^)

私のお気に入りの化粧品会社が、ちょびリッチ経由での買い物でポイントがつくので、化粧品を買うときは必ず経由し、ポイントのつくくじ引き付きのメールは必ず読み、気になるアンケートには時間があれば答える、という比較的ゆるゆる利用ですが、何気にたまっていくポイント♪

そしてブログで紹介すると月に1回だけですが100ptもらえるので、2000ptにして1000円に交換するためにこうして紹介(^^)

どっさり短期間にためるにはそれなりの案件(カード発行とか)をクリアしないといけませんが、お気に入りのお店が見つかればちょびちょびたまっていくのでおすすめです。

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

 

スポンサーリンク

ルピシア 9700 国産とうもろこし茶

「とうもろこしの実を焙煎した甘く香ばしい風味のお茶。ダイエットのお供にぜひどうぞ。」と可愛いパッケージに書かれています。ルピシアだよりには「食物繊維を含むとうもろこしが、きれいな流れを助け、内側からスリムボディの実現を応援します。お子様にもおすすめ!」と紹介されていました。とうもろこしまんまの香りで甘いです。ノンカフェイン。

ドラマ・カルテットで、コーン茶淹れましょうってシーンが何度かありましたが、ほっこりできる味です(^^)淹れないままだったシーンもありましたが、あの4人がほっこりまったりするお茶だったのかもしれません。

スポンサーリンク

ルピシア 5010 アッサム・カルカッタオークション

ルピシアだより10月号で特集されていたアッサムのブレンドです。「ゴールデンチップスをたくさん含んだ贅沢なアッサム紅茶のみのブレンド。」と書かれています。ルピシアのティーリストに載っているアッサム紅茶の中では高めの値段。50g800円近くします。リストには、「豊かなコクと甘みがミルクに最適。」と紹介されていて、確かに濃厚です。ミルクに負けません。

ちなみにゴールデンチップスと言うのは、ルピシアだよりによると、「茶葉のエキスで黄金色に染まった新芽」のことだそうです。旬の夏摘みで、ゴールデンチップスが含まれたアッサムは、とてもおいしいそうです(^^)

スポンサーリンク

ルピシアだより10月号届きました

数日前に届いていたのに、床上浸水の片付けに追われてなかなか読めなかったルピシアだよりです(^^;)

今回の特集はアッサム。

19世紀初頭、中国が独占していた紅茶産業。最大の紅茶消費国であったイギリスが、統治していたインド・アッサムで自前生産を目指し、機械化でコストダウンして庶民の日常品にした紅茶がアッサム品種なのだそうです。濃厚でコクのあるアッサムはミルクティー向きとされています。私はストレート派ですが、ミルクティー好きの娘にはぴったりの紅茶です。

そこでアッサムをスパイスティーやチャイとして楽しむレシピが掲載されていました。そしてアッサム以外のお茶で楽しむミルクティーも紹介されています。

他にハロウィンのページ、数量限定の緑茶の「柚子」と紅茶の「金柑」と「柚子ショコラ」、烏龍茶の「焚火」の紹介などがありました。

「金柑」は私も買ったことがありますが、デザイン缶が可愛くて、金柑の香りがいいので好きなお茶です。

スポンサーリンク

台風18号で床上浸水

参りました(-_-;)

17日の台風、夕方過ぎに近くの川が増水して家の前の道が冠水し、平屋の借家住まいの私たち家族は愛犬ベスも連れて車で避難。

夜になって雨が落ち着いて帰宅すると、あちらこちらで交通整理がされており、我が家は床上浸水(T_T)

とは言え全滅という訳ではなく、ちょうど床上ギリギリだったようで、外壁に残った水の跡を見ると、約60cmほど水が溜まったようです。水浸しになって泥が上がった部屋もありますが、子供たちの部屋と台所は無事でした。3部屋ある和室は、一見きれいに見えた畳が、床下の泥水を裏から吸ってしまったようで押すとジワジワとしみてくる感じ。畳をあげるとやっぱり水がしみていました。

お友達のママが、何でも手伝うよって言ってくれたけど、何をどう頼んで良いのやら。とりあえず保険屋さんや大家さんとのやりとりをしながら、少しずつ片付けています。

もともと川の近くの平屋は危険とわかっていましたが、校区の関係や家賃と間取りが気に入って、いざとなれば賃貸だし出て行けばいいと思っていました。でも今現在ペットがいるので、ペット可の近場物件はなかなかなくて。

車も1台冠水で壊れたし、しばらく大変です。

スポンサーリンク