新居浜太鼓祭り始まりました

今年もまた太鼓祭りの季節です。

今朝は太鼓の音で5時くらいに起こされました。先週土曜日は夜中12時過ぎに太鼓を鳴らしていたし。太鼓祭りが大好きで楽しいのでしょうけど、真夜中は勘弁してほしいです(*_*;


https://twitter.com/niihama_city/status/1051996912713265152

そうそう、そうです。今年こそ逮捕者なし・事故なし・太鼓修理なしで平和に終わってください。もうすでに外で男性の怒鳴り声と言いあう声が聞こえます。喧嘩?酔っ払い?怖くて外に出られません。

息子は学校行事のお祭り集会に参加して楽しかったみたいです。企画運営をしてくださった地域の方々、かき夫の方々、先生方、お世話になりました。

今日は夜太鼓もありますね。気持ちよく過ごせる3日間でありますように。

スポンサーリンク

花モチーフ付きシュシュ編みましたけど・・・

スポンサーリンク

クラウドワークスで仕事を探していたら、あるサイトのハンドメイド作品のレシピの通りに手作りしたものの写真と感想を納品するというのがありました。

10種類くらいあるレシピの中で、今家にある材料で作れて、作った後も使えそうな作品ということで私が選んだのが「花モチーフ付きシュシュ」でした。

作成時間は約2時間。写真を撮っていざ納品しようと思ったら、納品ページに進むと「花モチーフ付きシュシュ」がない!!

必要数集まってしまったということでしょうか?まだ数種項目が残っている作品もありましたが、どれも作るのにはイマイチ。

というか、もう募集終了している作品は載せないで欲しかった!もしくは、『終了している作品もあるので、作業ボタンを一度押して確認してください』とか注意書きを書いておいてくれたらよかったのに。作った時間を返してほしい!とショックを受けていた私に、息子が「でもかわいいじゃん、それ」と優しい一言を。

ありがとう、我が息子。しかし母はショックだったのだよ(;_;)

で、作ったのはこれ。レシピの通りに作ると、出来上がり見本写真と実際の出来上がり作品の、モチーフの色が反転してしまうという記載ミスを感想に書きたかったのにな。まあしかたないですね。お金もらいたかったなー。

新居浜・SalanSalanとフェアリーテール

今日は夫の誕生日(≧∀≦)

ということで、夫の大好きなカレーを食べようと、新居浜市北内町のスープカレー専門店「SalanSalan」に行きました。

店内のイラストや雑貨がかわいい!ランプシェードもいろいろ形が違っていて、雰囲気おしゃれです(^^)

けっこうスパイシーなので、辛いのが苦手な娘はオムライス、息子は10食限定チャーシュー丼です。どちらも石焼き。味見させてもらったけどどちらもおいしい!

夫はキーマカレー、私はトマトベースの豆と鶏ミンチカレー。トマトベースなら、酸味が入って辛味は抑えめかなと思いきや、けっこう辛かったです。でも、具沢山でおいしかったです。ライスは、バターライスと十穀米、はるさめから選べて、サイズもLMSの3種。

シフォンケーキもありましたが、今日は誕生日ケーキを「フェアリーテール」で買ってあったのでカレーのみ。

ケーキはいちごタルトです。

全員1/4ずつをペロリと食べてなくなりました(^^)

みんなおいしかったです♪

スポンサーリンク

賞味期限切れパウンドケーキを作りました

ずっと気になっていた賞味期限切れの食材。

バター、黒砂糖、小豆。なので、この3つを使ってパウンドケーキを焼きました。

組み合わせとしては私の好きな味になる気がします。焼きあがったのがこちら。

賞味期限切れバター100gをすりまぜて、そこへ賞味期限切れ黒砂糖に普通の砂糖を足して全部で100gにしたものを加えてさらにすりまぜ、溶き卵2個分を少しずつ加えてすりまぜます。

賞味期限切れの小豆120gと、ふるっておいた薄力粉120gとベーキングパウダー小さじ1を加えてまぜます。

小豆は、NHKあさイチで以前紹介していた、保温ボトルでゆでる方法でゆでておきました。

 

【保温ボトルで小豆をゆでる】
保温ボトルに洗った小豆75gと沸騰したお湯400mlを入れて蓋をして、加熱ムラを防ぐために振ってから寝かして6時間から8時間放置。簡単!

 

180度に予熱しておいたオーブンで35分ほど焼いたら出来上がりです。

いいにおいがしてきたので子供たちが反応しました。お姉ちゃんは「食べたい!」と言い、弟は「ちょっと俺お腹の調子イマイチだから、賞味期限切れの材料使ってるなら念のため食べないでおく」と言いました。お姉ちゃんが切ってくれたパウンドケーキ、夫も一切れ食べることに。

夫は「うまい」お姉ちゃんも「あ、おいしい。もう一切れ食べる。でも小豆固いな。」それを見ていた弟、「やっぱり食べる。」私は当然食べます。結局お姉ちゃんが多めに食べて、パウンドケーキは一回で無くなりました。

とりあえず誰もお腹壊してない模様(笑)

小豆は焼き過ぎたのかなあ。もともとあさイチの方法だと、若干固めに仕上がるし、工夫が必要みたいです。

スポンサーリンク

 

 

ルピシア 9602 ジュテーム・ミスティーク

ルピシアだより10月号でも取り上げられていたフルーツティー・ジュテームの中のひとつ、ミスティークです。「ブルーベリー、カシス、ぶどうの芳醇な香りが漂う、ワインのように魅惑的なフルーツティー。」と書かれていて、本当にワインのような香りがします。色もワインのようです。

でもフルーツの甘い香りも強くて、味は当然ワインではなくフルーツ感のある味です。

ノンカフェインだし、香りも色もきれいで、寝る前のリラックスタイムにもいいと思います。ルピシアのフルーツティーは4種類あって、とりあえず味を試したかったので4種入ったお試しセットを買いました(^^♪

スポンサーリンク

ルピシア 8527 シエラザード

台風続きで10月です。しかしラムネに続き、夏の限定茶、ルピシアのシエラザードです。

「アラビアン・スタイルのミントグリーンティーに、爽やかなグレープフルーツの香りをのせました。」と紹介されたお茶です。ベースは緑茶ですが、半発酵茶、スペアミント、ペパーミント、レモンピール、コーンフラワー、香料で作られています。

アイスティー向きとありますが、ラムネと同じくホットでも試しました。淹れたてはグレープフルーツの香りはするものの、ミントはあまり感じませんでしたが、少し冷めて飲み頃になると、ミントが効いてきました。ラムネの時ほど、ホットだと台無しとは思いませんでしたが、水出しでゆっくり出したアイスに比べると、やっぱりアイスの方が香りも味もすっきりでおいしかったです。夏限定なのがわかります。

スポンサーリンク

ルピシア 8542 ラムネ

もう夏も終わりで秋らしくなるのにどうかと思いますが、ルピシアの夏の限定茶、ラムネです。

「夏の風物詩ラムネの香りがする緑茶です。爽やかな風味はアイスティーにぴったり。」と書かれていて、これは本当にアイスティー向きです。

私は真夏でも熱いお茶を飲むので、このラムネもホットで飲んでみたのですが、緑茶独特の渋みが勝ってラムネの爽やかさが台無しな感じでした。水出しにしたら本当に爽やかすっきりで、娘も気に入って一緒に飲んでいます。

スポンサーリンク

 

ルピシアだより10月号届きました

今回は「ミルクティーが好き。」という特集。ミルクティー向きのアッサムが旬だからでしょうか。

アッサムに合うスイーツも紹介されていました。ルピシア自由が丘本店では、10/6から8までミルクティーフェアをしていて、アッサムの飲み比べを無料でできるらしいです。いいなあ(-_-;)

アレンジミルクティーのレシピもあったので、ミルクティー好きの人にはうれしい内容だと思います。

そしてハロウィンのページと、限定茶の柚子と金柑の紹介。私は金柑が好きで以前買いましたけど、金柑っぽくて良かったです。同じく限定茶の焚火と柚子ショコラも紹介されていました。

最後はフルーツティーの紹介でした。少しずつ秋らしくなってきましたね。

スポンサーリンク

ルピシア 7006 鉄観音

「福建省南部・安渓県の烏龍茶。やや強めの味と甘くさわやかな香りが特徴。」と紹介されているルピシアの烏龍茶です。私が初めて買った鉄観音は、ルピシアではなく横浜の中華街のお茶屋さんで、黄金桂と一緒に買いました。キンモクセイの香りのする黄金桂に比べるとノーマルな香りで、食事の時にも飲めるお茶です。

4,5回出せて、時間も1分くらいなので気軽に何度も飲めます。日本で売られている烏龍茶にもブレンドされて使われるお茶みたいですね。

スポンサーリンク

僕のヒーローアカデミアvol20 もう20巻です!

映画も公開され、絶好調のヒロアカ、最新刊です!

(以下ネタバレ)


僕のヒーローアカデミア 20 (ジャンプコミックス) [ 堀越 耕平 ]

ジェントルとラブラバとひとりで戦う羽目になったデク君。

でも思ったよりあっさり片付いてしまった感が。この二人はまたどこかで出てきそうな気がします。

そして無事に開催された文化祭。みんな頑張っていましたね。みんなで力を合わせた文化祭の記憶なんて、もう遠いかなたですが、そういう思い出はたくさんあるとうれしいです。そしてエリちゃんが笑ってくれて良かった!ミリオ君復活するといいなあ。

それからエンデヴァー。オールマイトと話してなにかふっきれた感じのした彼ですが、次巻はエンデヴァーのことがもう少し深く描かれているかも?轟君やその家族の気持ちも救われるといいのですが。脳無との戦いの行方が気になります。

まだまだ先がわからないヒロアカ、映画初日の特典vol0で、作者の堀越耕平さんがワンピースの作者尾田栄一郎さんと対談していましたが、楽しい漫画を長く作ってもらいたいです♪

スポンサーリンク