私について

cropped-20160826_181148-1.jpg yukiejimusho

東京生まれの千葉育ち、愛媛在住です。

大学の工学部建築学科卒業後、住宅メーカーで設計をしていました。

一級建築士の資格も苦労して取得しましたが、結婚とともに関東を離れ四国にて専業主婦、ふたりの子供を育てながら10年経過。

事務のパートを始め、最初の職場で半年、次の職場で1年と3ヶ月働きましたが退職。

なぜかと言えば、低学年しか利用出来ない学童保育を上の子が使えなくなり、夏休みなどの長期の休みに子供達を見てもらえるところがなくなったから、と言うのが1番大きな理由です。

普段でも、学校行事で給食なしで帰ってくるとか、警報発令で休校とか、インフルエンザで学級閉鎖とか、なんだかんだとあるもので、「お休みください」が言いにくくて、言えても肩身が狭いのがつらいところでした。

周りの働くお母さん方を見ても、バリバリ働いているのは、近場に頼れる実家があったり、なんらかの協力を得られているお母さんがほとんどでした。

子供に持病もあり、贅沢しなければ夫のおかげで専業主婦でもなんとかなるところではありましたが、年に1度は千葉の実家に帰りたいな、帰ったらディズニーリゾートとかで遊びたいな、なんて思うとお金が必要だし、今のご時世何があるかわからない、夫に万が一があったら?など考えたら、少しでも収入を得られるように雇ってもらえる年齢のうちに…と考え、家の近くで、短時間で働ける職場を探すことにしました。

でも、40歳を超えたオバチャンが働ける所って田舎だとなかなか厳しいわけで…

一級建築士という資格で就職したら、残業と休日出勤は絶対だと考えられるし、そもそもブランクが長すぎて自信もありませんでした。

そんな私に、知り合いの知り合いが持ってきてくださったお話が、個人事業主として働くこと、要するに自営業だったのです。

スポンサーリンク