青色申告と開業届

会社員の場合、会社が給与から源泉徴収し、年末調整で所得税の精算がされるのですが、個人事業主の場合は自分で確定申告をしなければなりません。

確定申告と言えば、会社を退職した時の1回と、毎年の医療費控除の分の還付申告しか経験がありません。

個人事業主と言えば青色申告。一般の申告は白色申告と言いますが、青色申告の場合は特典があります。

スポンサーリンク

青色の申告者は、帳簿を備えて取引をきちんと記録して保存する義務があるため、正しい申告者とみなされて特典がつくのです。

「複式簿記」による記録をしている人は65万円、簡易帳簿の人は10万円の特別控除があります。また、事業が赤字になって、損失が出た場合は翌年以後3年にわたって損失額を所得から差し引けるのです。

なんだか難しくなってきました。ネットや図書館では調べにくい、1冊だけ解説書を買おう!と思って本屋で探して選んだのが、以下の成美堂出版さんの「はじめてでもできる個人事業者フリーランスの青色申告16年版」です。


はじめてでもできる個人事業者・フリーランスの青色申告 ’16年版 (SEIBIDO MOOK)

漫画やイラスト、図がたくさんあってわかりやすいなと思って選びました。

ちなみに、青色申告したい場合は、税務署に「個人事業の開業・廃業等届出書」と「所得税の青色申告承認申請書」を提出します。どちらも国税庁ホームページからダウンロードできます。それについても、上記の本に書き方等書いてありますので、参考になりました。