アーカイブ | 2017年3月29日

ルピシア 9221 サクラ・ルイボス

続いて桜のお茶、サクラ・ルイボスです。

「ラズベリーやチェリーがふわりと香るルイボスに桜の葉をブレンド。麗らかな春の桜を思わせる優しい風味。」という紹介文です。

袋を開けた瞬間、とても甘い香りが広がりました。さくら焙じ茶の記事に、桜餅を思い出させるとかきましたが、こちらはまさに桜餅本体の香りです。桜の葉の面影はほとんど無し。さくら焙じ茶のほんのりしょっぱい感じもほとんど感じません。

さくら焙じ茶は原材料に桜葉塩漬けとミョウバンがありましたが、サクラルイボスは桜葉塩漬けとミョウバンの他に香料も入っています。ラズベリーとチェリーの香りで桜餅本体の香りになるのかあ、と驚きました(^^;)

スポンサーリンク

私はルイボスティーが大好きですが、サクラルイボスは味はルイボスですが、ルイボスの香りは完全に甘い香りに負けています。逆にルイボス独特の香りが苦手な人にはいいのかもしれません。

ノンカフェインだし、健康的なルイボスで、寝る前にちょっと甘いものを食べたい気分になったらいいのかな。香りだけじゃ、余計食欲刺激されちゃうかな。基本的に甘い香りのお茶より、すっきりした香りの方が好きで香ばしいお茶が好きな私には、サクラルイボスよりさくら焙じ茶の方が好みでした。