「マンガ 自営業の老後」上田惣子・著

Amazonでランクインしたり、新聞の広告で見たりして、内容が気になって購入した本です。マンガだし、面白くて読みやすいですが、内容は本当に基本の基本と言うか、作者が自分を超ずぼらと称して今までどれだけいろんな対策をせずに53歳まで来てしまったかを書いています。でもちょっとひどいかな(^^;)作者の上田さん、かなりがんばってお仕事されて、収入多かったみたいなのですが、年金加入していなかったり、面倒くさいから青色申告はしなかったとか、それなのに確定申告遅れるとか、預金残高に無関心とか、ちょっと考えられないほどです。結婚されていて共働きでお子さんはいないようなので、子供を養わなければ!とかではなく、あんまり切羽詰まる感じではないからでしょうか?

まあ、自分の不勉強さとだらしなさを、あえてさらけ出して、読みやすくまとめているのはいいと思います。これから個人事業主になる人が、自営業だとこんなことがあるんだな、こんな制度があるんだな、とざっと読むにはいいかもしれません。ただ、それぞれの細かいリスクや注意点はあまり書かれずに終わっているので、実際に自分がその制度を利用する時は、もうちょっと調べてからが良さそうです。

Amazon   マンガ 自営業の老後

楽天市場  マンガ 自営業の老後 [ 上田惣子 ]

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA