ルピシア 5030 キームン・クイーンズホープ

「蘭の花にたとえられる香りの世界三大銘茶の一つ、祁門紅茶のみをブレンド。」という紹介文のお茶です。

以前、ルピシアだよりで食前茶におすすめと書かれていました。初めて飲んだ時、アールグレイに似てるなと思ったのですが、ルピシアのアールグレイは祁門紅茶がベースらしいので、間違ってなかったのかもしれません。確かにお花のような香りですが、しつこくないし味はわりとさっぱりめで、変な渋さが口に残らないので、食前茶におすすめというのはわかる気がします。

ちなみに世界三大銘茶は、インドのダージリン、中国の祁門、スリランカのウバ。祁門は、ルピシアだと「キームン」ですが、発音の仕方で「キーマン」と呼ばれることも。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA