ルピシアだより10月号届きました

数日前に届いていたのに、床上浸水の片付けに追われてなかなか読めなかったルピシアだよりです(^^;)

今回の特集はアッサム。

19世紀初頭、中国が独占していた紅茶産業。最大の紅茶消費国であったイギリスが、統治していたインド・アッサムで自前生産を目指し、機械化でコストダウンして庶民の日常品にした紅茶がアッサム品種なのだそうです。濃厚でコクのあるアッサムはミルクティー向きとされています。私はストレート派ですが、ミルクティー好きの娘にはぴったりの紅茶です。

そこでアッサムをスパイスティーやチャイとして楽しむレシピが掲載されていました。そしてアッサム以外のお茶で楽しむミルクティーも紹介されています。

他にハロウィンのページ、数量限定の緑茶の「柚子」と紅茶の「金柑」と「柚子ショコラ」、烏龍茶の「焚火」の紹介などがありました。

「金柑」は私も買ったことがありますが、デザイン缶が可愛くて、金柑の香りがいいので好きなお茶です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA