ティアカーノ(松山)でランチと愛媛県美術館でダヴィンチ展

愛媛県美術館で12/24まで開催中の「レオナルド・ダ・ヴィンチと「アンギアーリの戦い」展」を見るため、松山へ行きました。ランチをどこで取ろうかと、駐車場付きで子連れOKのお店を検索したところ、藤原町にあるイタリアンキッチン・ティアカーノを見つけて家族に提案したら、息子はチャーハン食べたい、娘は車中でコンビニ弁当でいい、などとつまらない答え(-_-;)せっかく高速乗って来たのにコンビニ弁当ってなんだよ(-_-#)夫が、たまには文化的活動が必要だと押し切ってお店へ。

で、エントランスを見た娘。

「わー!めっちゃかわいい(≧∀≦)」

店内の装飾もかわいいお店でした。トイレは貝殻で飾られて、鏡の前には楊枝と化粧直し用と思われる綿棒がありました。トイレが素敵なのはポイント高いよね、と娘と話すと、夫が「女子トークだ」と。息子もトイレを覗きに(笑)壁一面の雑貨もかわいいし、天井のハンモックもいい感じです。

ランチセットは、インサラータ(ボリュームあるサラダ)、ハニーバケット(子供たちお気に入り)、好みのメイン、好みのドリンクで1290円から。ドルチェ付きのセットは1620円から。私は揚げ茄子とひき肉の甘辛ライスグラタンのランチセットにしました。

サラダはドレッシングもおいしくて、茄子と甘辛ひき肉もすごくおいしかったです(^^)息子が食べたレンコンとひき肉のピッツァもおいしそうでした。

娘はマルゲリータ、夫はラザニア風ペンネで、全員とてもおいしくて来て良かったね、また来たいね!と(^^)

ひとつ難点はグラタン系の量が少なめで足りなかったこと(^^;)でもおいしかったです♪

帰りに娘はお店がかわいいかわいいと写真を撮りまくっていました。コンビニ弁当なんてもうきっと言わないよね(^^;)

そして愛媛県美術館へ。美術館前で催し物をしていたので人はたくさんいましたが、いつもに比べて駐車場は比較的楽に入れました。

解説を聞くことが出来るイヤホンガイドを540円で1台借りて、息子が装着。息子は以前、NHK生命大躍進の展示でイヤホンガイドを聞いて以来、気に入って毎回借りています。でも残念ながら今回のガイドは、息子にとっては内容が難しかったらしく、途中で私の耳へ。

ミケランジェロとの競演で当時大注目だったダヴィンチの壁画の大作「アンギアーリの戦い」は、結局ミケランジェロの作品共々未完に終わり、後日別の壁画で両作品とも覆われてしまい、どのような構想の壁画だったのか研究されてきた美術作品のようです。未完に終わったのに、ダヴィンチのその作品は、多くの画家達に大きな影響を与えたようで、似た構図の戦いを描いた作品が本当に多く残っています。絵画のみならず、様々な分野で才能を発揮した天才ダヴィンチですが、後生これだけの影響を残しているのを改めて知ってすごいなと思いました。

美術館2階には、ダヴィンチの絵画以外の発明品や建築物などのメモ書きや実際に作ってみた模型などが展示されていて、こちらは子供たちでもわかりやすく解説が添えられていました。大学の建築学科の授業でも習った作品もあって、ちょっと懐かしかったです(^^)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA