アーカイブ | 2017年12月8日

ルピシア 9301 オルヅォ

イタリアの麦茶・オルヅォです。見た目・香り・コクがコーヒーに似ていて、イタリアではノンカフェインのコーヒーとして人気があるとルピシアだよりに書かれており、コーヒードリッパーでの抽出もおすすめとあったのでやってみました!

確かにコーヒーっぽい。しかしあくまで「ぽい」。もともと私は、コーヒーはブラックで飲む派で、酸味ひかえめの苦いコーヒーが好きなのですが、そんな私にはちょっと物足りない(^-^;

オルヅォの袋に書かれている浸出時間を見ると、3~5分となっていて、若干長め。そこでいつものルピシアの茶こし付きマグカップで長めに浸出してみました。

茶こしと共に真っ黒(笑)でもさらにコーヒーに近づきました。まあコーヒー好きの人はやっぱり素直にコーヒーを飲むのが1番だと思いますが、例えば妊娠中でタンポポコーヒーで我慢してるなんてひとには、試してみる価値はありそうです。麦茶だから健康的ですし。以前店頭で子供たちが香りを気に入って買った、9406オルヅォ・いちごは、店員さんにミルク出しを強く勧められ、まるでスイーツのような飲み物になりましたが、このオルヅォも、チャイみたいにホットミルクで出してもおいしそうです。

「イタリア産古代種の大麦をゆっくりと焙煎しました。深いコクと上質な甘みが楽しめます。」と紹介されています(^^♪

スポンサーリンク