アーカイブ | 3月 2018

クラウドソーシング「ランサーズ」登録してみました

スポンサーリンク

私の仕事はフリーランスで割と自由に時間調整できますが、2ケ月ごとの請負なので2ヶ月の締め日前はしばらく余裕があります。また、建物点検なので天気に左右されやすく、結構忙しさに波があるのです。それで、ちょっとした空き時間にできる仕事はないかなあということで、クラウドソーシングやってみました!

確かにそうそう簡単に稼げるものではありません。何かプロ並みのスキルを持っている方ならバンバン稼げるのでしょうけど、やっぱり所詮は出勤せずに自宅で好きなようにやる仕事ということで、時給換算するととってもさみしいことになります(=_=)

でも家を出たくても出られない人にとっては嬉しいシステムですよね。子育て中の時なんて、本当に出られないですものね(;^_^A

お子さんが寝てる間にちょっとお小遣い稼ぎにいいかもしれません。仕事の種類はいろいろあるんです。システム開発やWebデザインなんていう専門的なものもありますけど、内職みたいなものもありますし、タスク方式という1度にたくさんのランサーが作業をしてあとからクライアントに承認されると報酬が振り込まれる、という仕事は、アンケートとか質問に答えるだけ、とかレビューを200文字で、なんてものもあります。その分報酬は少なくて、1件5円だったりもします。でもスキマ時間にちょこちょこ作業したら、1時間半くらいで400円になりました。例えばこれを平日5日間続けたら、1週間で2000円、1ヶ月で8000円ですよね。子供の習い事の月謝くらいになるかも?慣れたら記事のライティング案件も良さそうです。

外に出られない人は試してみてください。

クラウドソーシング「ランサーズ」

広島からの帰り道

夫の父の四十九日の法要があり、広島へ行きました。もちろん愛犬ベスも一緒です。私の愛車ホンダN-BOXの荷台がベスの場所。後部座席にいる子供たちの肩口に顔を出したり窓から外を見たりしています。

しまなみ海道の大浜PAに寄りました。そこで撮ったベスがこれ。

はっさくん?

知らなかったので調べたら、因島のゆるキャラなんですね。お腹の「の」は因島のいん「の」しまなんだそうです。よく、いんじまとか読まれて、「の」が抜けてしまうので「の」をアピールしたみたいです。

ここで、ソフトクリームのはっさく味としおなみ味を食べました。しおなみソフトはすごい水色。ほんのり塩味。私ははっさくソフトの方が好きでした。息子はしおなみソフトの方が好きだそう。

ちょこちょこ休みをとりながら愛媛にもどりました。今回の広島土産は広島駅で買ったもみじまんじゅうイチゴ味と川通り餅。

もみじまんじゅうはいろんなメーカーが作っていますが、これは三河屋さん。イチゴ味は初めてだったので買いました。川通り餅は亀屋さん。きなこたっぷりの小さいお餅に楊枝がささっていて、袋に入っているのが箱詰めされています。川通り餅、好きです。

さて、イチゴ味もみじまんじゅう。

おお、確かにピンク!

でも香りも味もあんまりイチゴじゃないような??原材料にはイチゴあるようですが、色だけかなあ…。

子供たちはお友達にお土産を渡しに行きました。

スポンサーリンク

 

 

 

 

フジテレビ月9 海月姫 最終回

フジテレビ月9ドラマ「海月姫」が終わりました。久々にきゅんとする若い時の切なさが味わえて良かったんですけど、ハッピーエンドで安心しました(#^^#)

以下ネタバレ

 

前回、カイ・フィッシュ(賀来賢人)の所から帰って来た月海(芳根京子)。カイとの仕事の条件を果たせなかったため、天水館をみんなで出ることに。でも漫画喫茶で結局みんな一緒にいるんですね(笑)クララ用品を取りに天水館へ行った月海と蔵之介(瀬戸康史)はそこでカイと再会。カイに「君がミス・月海の才能を捨てさせた」と言われた蔵之介。そして考え直すように言われる月海。それぞれに成長した尼~ずの面々に比べて、自分は成長していないと感じた蔵之介は、大学を辞めてファッションを一から勉強すると決意しました。そしてジェリーフィッシュは解散しようと。すると月海は最後にみんなでショーをやろうと提案。みんなでショー開催に向けてがんばります。

蔵之介の父(北大路欣也)は再開発を見直すことに。そして修(工藤阿須加)に蔵之介の実の母リナ(若村麻由美)をショーに呼ぶように言います。自分は結婚記念日だからと自宅で妻(床嶋佳子)と二人でショーをネットで見てました。しかし、この奥様、できた奥様ですね~。器が大きい人です。

そして修のプロポーズを断った月海。修もいい子だから切ないけど、月海は守られてばっかりじゃだめだって、やりたいことがあるって。修はそれが蔵之介と一緒にショーを開くことだと知って、ちょっと切ない表情をしながらもショー開催に協力し、無料で水族館を会場として借りることに成功。借りられたのも、修が普段からいい子で、困った人を助けるひとだったからです。修君、きっといいひと見つかるよ!

ショー準備には、あのノムさん(安達祐実)とニーシャ(江口のりこ)も参加。みんな揃った~♪そして司会はもちろん花森さん(要潤)です。

しかし、ショーの会場にリナが来ていたことで動揺した蔵之介は、ランウェイを歩けなくなってしまいます。そこで月海、尼~ずみんなにモデルをやらせることに。こんどは私たちが蔵之介を助けると言って。ためらうみんなの中、率先して着替えたのはジジ様(木南晴夏)。「大丈夫、これは私たちのためのドレスです」って。ジジ様、あなたはいざという時いつもすごいよね!そしてもともとモデルだったまやや(内田理央)以外のみんなが全員そろって並びました!ばんばさん(松井玲奈)は前髪あげてね。みんなかわいいお姫様になりました!

楽屋でひとりの蔵之介のもとに、修と一緒にリナが。「十何年ぶりで会った息子が女の格好で・・・」と言う蔵之介に、リナは「大丈夫、私はジェリーフィッシュのドレスの大ファンだもの」と。「母さん、俺ずっと」と泣き出す蔵之介を抱きしめて謝るリナ。蔵之介、お母さんに会えて良かったね!原作ではこの時、月海のドレスが母さんを連れてきてくれたと蔵之介は思うらしいです。

そしてステージの最後、こんどは真っ白なタキシードで男性の格好をした蔵之介が、「ラストステージだ!」と月海の手を取ります。そして振り向きざま、「愛してる」ですよ~(#^^#)

修も、イタリアで言われたリナからの伝言を月海に伝えます。「蔵之介をいっぱい愛してあげて」・・・修も辛かっただろうに、やっぱりいいひとです。原作では修がお兄さんだというから、またちょっと違った印象なんでしょうね。

ショーが終わって天水館で打ち上げをするみんなのところに、カイとファヨン(伊藤ゆみ)が現れます。役員会で解雇され、社長じゃなくなったカイは、退職金として天水館をもらったのだそう。だからこのままみんな住み続けられることに。「家賃はもらうよ。次のドレスを楽しみにしてる」というカイ。カイとファヨンもショーを見ていたのでした。

蔵之介はみんなに男であることを告白、(みんな知ってたけど)そしてニューヨークに勉強に行くと。尼~ずは、男でも女でも関係ないと、また一緒に服を作ろうと蔵之介に言います。

そして今回大爆笑なのは目白先生が滝藤賢一さんだったことですよ~( *´艸`)

千絵子(富山えり子)に一目惚れした目白先生は、千絵子に他の男を近づけないために男子禁制にし、男である自分は引きこもり状態だったんだそうです。なんだそれ(笑)打ち上げにいつの間にか紛れていて、あんた誰?と蔵之介に言われてました。

さて、先生にびっくりして倒れた千絵子をみんなが介抱している間ふたりになった蔵之介と月海。月海は、ニューヨークへ勉強しに行く蔵之介に「待っていません!みんなと服を作ります!だから心置きなく行ってきてください!」と敬礼。そして突然の月海からのキス!「あいさつですよ」といつかの蔵之介のごまかし文句を真似る月海を抱き寄せる蔵之介。二人が抱き合うシーンでおしまい・・・かと思いきや、稲荷(泉里香)が月海の格好をして、「私クラゲおたくだったんですぅ~」って(笑)修をあきらめないんですね、きっと。

花森さんや佐々木さん(安井順平)たち脇役も面白かったし、視聴率的にはそうでもなかったみたいですが、私は久々に楽しく見られた月9でした!後日談がスペシャルとかになったらいいのになと思います(^^♪

スポンサーリンク

ルピシアだより4月号届きました

ルピシアだより4月号です。

今回の特集は「お茶と果実」です。ルピシアの果実のフレーバードティーのおすすめや、一緒に食べるとおいしい組み合わせなどの紹介、フルーツティーの作り方などがのっていました。

そして数量限定のサクランボのお茶。フルーツティー「ジュテーム」のページが続き、私の大好きなニルギリのページ!ニルギリの旬がやってきました!4月1日発売だそうです(^^)

そして屋久島、種子島の新茶、ダマスクローズの紅茶、母の日のおくりものと続きます。

ところで、今回のルピシアだよりに、私のルピシアだより送付期間が来月でおわるとのお知らせが(-_-;)

そういえば冬の福袋以来買ってないかも(^^;)

3240円以上買うと、6カ月延長です。せっかくだから、ニルギリ買おうかなと思います(^^)

スポンサーリンク

 

またまた開催!スーパーちょびリッチの日♪3月20日まで

3月10日(土)から11日間【スーパーちょびリッチの日】開催!

また始まりました!スーパーちょびリッチの日!3月20まで開催中です(^^♪

毎月0の付く日(10日、20日、30日)は対象ショップのポイントが2倍になる「ちょびリッチの日」が、今回は期間中はずっとポイント2倍! さらに対象ショップも大幅に増加します!

前回の開催期間、私はお気に入りのお店HABAでいつも使っている化粧品を注文し、ニッセンで娘の服を注文しました。そしてLOHACOでお菓子のまとめ買いとドックフード、日用品を買い物し、買い物金額に対してポイントがいつもの2倍つき、さらにこうやってブログで紹介して200ポイントGet!

後日ポイントを現金に交換申請、3000ポイント→1500円入りました(≧▽≦)

お買い物以外にも、普段メールで届くおみくじをしたり、アンケートに答えたり、サイトのミニゲームをしたりで「ちょびちょび」お小遣いがたまります。高額案件もありますので、気になるものはチェックします。欲しい物、お気に入りのお店があったらぜひスーパーちょびリッチの日開催中にどうぞ♪

 

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

ルピシア 5519 キャラメレ

「アーモンドが隠し味の、どこか懐かしく甘い香りの紅茶。ミルクでもストレートでも。」と紹介されている紅茶です。

私が6年くらい前から、飲んだお茶の感想を書いていたルピシアのノートに、以前キャラメレが試飲用に送られて来た時のものがありました。当時の紹介文は「キャラメルの甘い香りにこうばしいアーモンドが際立つやさしい風味の紅茶です。」というもので、小さかった娘がかわいい字で、「ママのんでないから○○ちゃんかきます。とってもキャラメルのにおいが甘い&こうばしい!ミルクにするとおいしい。」と書かれていました。スイーツ系の香りのお茶が苦手な私が、ミルクティー好きの娘にあげたのです。確かお砂糖もいれてたような(^^)

今回は私がストレートで砂糖なしで飲みました。やっぱり甘い香り(笑)アーモンドは大好きなので、もっとアーモンドっぽくてもいいかもしれません。お茶だけどお菓子を食べた気分になります。

スポンサーリンク

ONE PIECE 巻八十八

今月の頭に発売された新刊、ONE PIECE 巻八十八です♪

仲間を逃がし、ひとりカタクリと対峙するルフィ、ウェディングケーキを作るサンジとプリン、シフォン。ケーキを求めて荒れ狂いながら追いかけてくるビッグマム。みんな無事でいて~と願いながら終わった前巻。

以下ネタバレ


ONE PIECE 88 (ジャンプコミックス) [ 尾田 栄一郎 ]

やっぱりサンジの料理人としての腕はピカイチなんですね。食べてもいない見ただけのウェディングケーキの設計図を書き上げ、隠し味までも見抜き、なぜわかったのかの問いに一言、

「香りで」

すごい!!死んでしまうくらいのおいしさのクリーム食べたい!!

そしてカタクリの食事シーン(≧▽≦)そっかあ、そうなのかあ、親近感が(笑)苦戦していたルフィも、打開策が浮かんだような?レイリーが言うように、強者と戦って更に腕を上げるのかな?

プリンとシフォンのお父さん・パウンドは・・・なんだか切ない(;_:)娘たちは父親のことを知らないのですね。でもその娘を守るためにがんばったお父さん。生きていて、きちんと娘と孫に名乗れるといいなあ。

ジンベエ親分!かっこいい!!操舵手っていうポジションなんですねえ。麦わらの一味は個性的な面々が揃っていますが、それぞれにチームの中での役割がきちんとあるので、ジンベエが仲間になったら何だろう?魚人空手の名手としてゾロと同じく戦闘員?とか思ってましたが、「操舵手」と書かれるんでしょうね、きっと!そしてもう別れを告げ、逃げるように言ってあったジンベエの仲間たち、海底ですごいサポートしてくれていました。ナワバリウミウシ達を連れて行って追手が来ないようにしてくれてました。2年の時を挟んで再結集した麦わらの一味がシャボンディから逃げ出すとき、それまでの仲間たちが陰で助太刀していてくれたことを思い出しました。

キャロットもかっこよかったですね。ミンク族の真の強さはこれですか、スーロン(月の獅子)。でもだいぶ力を使って元の姿に戻ったら弱り切っていました。戦いつかれて死んでしまう能力だとジンベエが言っていましたが、もう少し続けていたら危なかったのでしょう。でもそこへビッグマムが!!「下がっておれ!!!お前達!!!」とジンベエが前に出て終わった巻八十八。なんだかそれでも異様な姿のビックマムに苦戦してピンチに陥り、キャロットが無理をしてまたスーロンになっちゃうんじゃないかと心配です。でもたぶん、ジェルマも助太刀してくれそうな気配が。サンジとベッジも合流したし、どうにか切り抜けて!早く続きを~~~~~!!!

スポンサーリンク

平成29年分確定申告MFクラウド確定申告で済ませました!青色です

平成29年分確定申告、無事に済ませました(^^♪

複式簿記がわからない私が誰かに助けてもらうことなく済ませることができたのはMFクラウド確定申告のおかげです。昨年も確定申告コラムに従って入力すればいいようにわかりやすくまとめられていましたが、今年はTOPページに流れがまとめられていてさらにわかりやすかったです。

入力項目も昨年のデータを使えば名前や住所など改めて入力する必要もなく、生命保険料の控除など、事業に関わる入出金以外のものを手入力するだけで完成!印刷して添付資料を貼って、保存義務のある帳簿を印刷して保管しました。

確定申告会場に行ってみると長蛇の列(*_*;

更に「本日分受付終了」の文字。番号札を持って待ちくたびれた顔をしている人多数。係の人に自分の待ち時間を聞いて「1時間後です」と言われている人のうんざりした顔を見て、私も係の人に質問。「受付終了みたいですが、税務署に直接出しに行けば受け取っていただけますか?」と聞くと、「提出だけなら受け付けますよ、こちらにどうぞ。」と別通路を案内されました。そこは全く並んでいなかったのですぐ提出できました。でも、税務署じゃないと受付印は押してもらえないんですね(^^ゞもし不備があれば後日連絡をもらえるらしいです。でもまあ何時間も待たずに終わってよかったです。

簡単に使えて助かっています、MFクラウド確定。昨年初めて使った時の記事もあるのでよかったら参考までに。

 

スポンサーリンク