アーカイブ | 2018年3月6日

ONE PIECE 巻八十八

今月の頭に発売された新刊、ONE PIECE 巻八十八です♪

仲間を逃がし、ひとりカタクリと対峙するルフィ、ウェディングケーキを作るサンジとプリン、シフォン。ケーキを求めて荒れ狂いながら追いかけてくるビッグマム。みんな無事でいて~と願いながら終わった前巻。

以下ネタバレ


ONE PIECE 88 (ジャンプコミックス) [ 尾田 栄一郎 ]

やっぱりサンジの料理人としての腕はピカイチなんですね。食べてもいない見ただけのウェディングケーキの設計図を書き上げ、隠し味までも見抜き、なぜわかったのかの問いに一言、

「香りで」

すごい!!死んでしまうくらいのおいしさのクリーム食べたい!!

そしてカタクリの食事シーン(≧▽≦)そっかあ、そうなのかあ、親近感が(笑)苦戦していたルフィも、打開策が浮かんだような?レイリーが言うように、強者と戦って更に腕を上げるのかな?

プリンとシフォンのお父さん・パウンドは・・・なんだか切ない(;_:)娘たちは父親のことを知らないのですね。でもその娘を守るためにがんばったお父さん。生きていて、きちんと娘と孫に名乗れるといいなあ。

ジンベエ親分!かっこいい!!操舵手っていうポジションなんですねえ。麦わらの一味は個性的な面々が揃っていますが、それぞれにチームの中での役割がきちんとあるので、ジンベエが仲間になったら何だろう?魚人空手の名手としてゾロと同じく戦闘員?とか思ってましたが、「操舵手」と書かれるんでしょうね、きっと!そしてもう別れを告げ、逃げるように言ってあったジンベエの仲間たち、海底ですごいサポートしてくれていました。ナワバリウミウシ達を連れて行って追手が来ないようにしてくれてました。2年の時を挟んで再結集した麦わらの一味がシャボンディから逃げ出すとき、それまでの仲間たちが陰で助太刀していてくれたことを思い出しました。

キャロットもかっこよかったですね。ミンク族の真の強さはこれですか、スーロン(月の獅子)。でもだいぶ力を使って元の姿に戻ったら弱り切っていました。戦いつかれて死んでしまう能力だとジンベエが言っていましたが、もう少し続けていたら危なかったのでしょう。でもそこへビッグマムが!!「下がっておれ!!!お前達!!!」とジンベエが前に出て終わった巻八十八。なんだかそれでも異様な姿のビックマムに苦戦してピンチに陥り、キャロットが無理をしてまたスーロンになっちゃうんじゃないかと心配です。でもたぶん、ジェルマも助太刀してくれそうな気配が。サンジとベッジも合流したし、どうにか切り抜けて!早く続きを~~~~~!!!

スポンサーリンク