アーカイブ

ルピシア 5227 いちご

「いちごのフレッシュな香りが、いきいきとした紅茶の味わいを引き立てます。」と紹介されたフレーバード紅茶です。開けた途端にいちごの香りが広がります♪春らしいお茶です。原材料にストロベリーリーフとあります。味はいちごではありませんが、最後までいちごの香りがしました(^^)

 

スポンサーリンク

ルピシアだより4月号届きました

ルピシアだより4月号です。

今回の特集は「お茶と果実」です。ルピシアの果実のフレーバードティーのおすすめや、一緒に食べるとおいしい組み合わせなどの紹介、フルーツティーの作り方などがのっていました。

そして数量限定のサクランボのお茶。フルーツティー「ジュテーム」のページが続き、私の大好きなニルギリのページ!ニルギリの旬がやってきました!4月1日発売だそうです(^^)

そして屋久島、種子島の新茶、ダマスクローズの紅茶、母の日のおくりものと続きます。

ところで、今回のルピシアだよりに、私のルピシアだより送付期間が来月でおわるとのお知らせが(-_-;)

そういえば冬の福袋以来買ってないかも(^^;)

3240円以上買うと、6カ月延長です。せっかくだから、ニルギリ買おうかなと思います(^^)

スポンサーリンク

 

ルピシア 5519 キャラメレ

「アーモンドが隠し味の、どこか懐かしく甘い香りの紅茶。ミルクでもストレートでも。」と紹介されている紅茶です。

私が6年くらい前から、飲んだお茶の感想を書いていたルピシアのノートに、以前キャラメレが試飲用に送られて来た時のものがありました。当時の紹介文は「キャラメルの甘い香りにこうばしいアーモンドが際立つやさしい風味の紅茶です。」というもので、小さかった娘がかわいい字で、「ママのんでないから○○ちゃんかきます。とってもキャラメルのにおいが甘い&こうばしい!ミルクにするとおいしい。」と書かれていました。スイーツ系の香りのお茶が苦手な私が、ミルクティー好きの娘にあげたのです。確かお砂糖もいれてたような(^^)

今回は私がストレートで砂糖なしで飲みました。やっぱり甘い香り(笑)アーモンドは大好きなので、もっとアーモンドっぽくてもいいかもしれません。お茶だけどお菓子を食べた気分になります。

スポンサーリンク

ルピシアだより3月号届きました

今月の特集は「桜のお茶」です。もうそういう季節ですねえ♫去年私はサクラ・ルイボスとスリジエとさくら焙じ茶を買いました。今年はどうしようかな。桜の緑茶のサクラ・ヴェールもいいかもしれません。

春は何かとプレゼントやご挨拶の機会が多いからか、いろいろな贈り物のページが続き、和の小物のギフトもありました。ルピシア、いろいろやっているんですね。

そしてフルーツティー、イースター、甜茶の紹介が続いていました。

春のグラン・マルシェは大阪と札幌と仙台だそうで、四国は残念ながら開催されないようです。

別冊でついていたルピシアグルマン通信で表紙になっていたコロポックルの食パンがカラフルでかわいいし、材料もなんだか健康的な感じで食べてみたいです。

北海道虻田郡俱知安町にあるヴィラ・ルピシアのレストランにも行ってみたいです。ジャズを聞きながらお食事って素敵です(#^^#)

スポンサーリンク

ルピシア 5502 ネプチューン

私がルピシアのお茶を飲み始めて、飲んだお茶の一言感想をノートにつけ出した最初のお茶がこのネプチューンでした。

「はちみつに漬け込んだフルーツが豊かに香ります。まろやかな味わいで人気の紅茶。」とリストのフレーバードティー・ミックスの欄の1番最初に載っています。甘い香りでミルクを入れてもOK、アイスでもOKという紅茶です。マリーゴールドの花びらが入っているのですが、今回はルピシアだよりについてきたお試しのお茶でティーバッグタイプなので写真じゃわかりませんね(^^ゞ黄色の花びらです。昔からずっと人気のようで、よくお試しのお茶に入っています。

スポンサーリンク

ルピシアだより2月号届きました

息子のインフルエンザで読むのが遅くなった2月号、特集はロシアのお茶文化。そしてロシアをイメージした新作紅茶2種類の紹介が続きます。50g袋入りで770円のサラファンとダーチャ。サラファンはベリーのジャムのイメージで、ダーチャはベルガモットやオレンジにハーブの香りの紅茶だそうです。どちらもおいしそう(^^)

そして2月号と言えばバレンタイン。チョコレートの香りの紅茶がズラッと並ぶページ。合わせてチョコレートそのものも。チョコレートに合うギフト向きの洋酒の香りの紅茶もありました。

それから桃のお茶と桜のお茶、甜茶のページ。まだまだ雪の降る季節ですが、だんだん春らしいものが出てきました(^^)

スポンサーリンク

ルピシア 5002 ダージリン・ザ・オータムナル

「穏やかな甘みの秋摘みダージリン紅茶だけをブレンド。焙煎香が引き立つしっかりとした味わい。」と紹介されたダージリンです。私はこのダージリンが好きです。ルピシアだより1月号で、ダージリン3つの季節のことが書かれていました。それによると

・オータムナル(秋摘み紅茶)sweet甘い:1年で一番まろやかな甘みを感じる、深く穏やかな味わい

・ファーストフラッシュ(春摘み紅茶)fresh新鮮:レモンイエローや淡いオレンジの色合い、若葉のような香りと爽やかな風味

・セカンドフラッシュ(夏摘み紅茶)mellow芳醇:オレンジ色から真紅に輝く色合い、伝統的な力強い味わいと豊潤な香り

(ルピシアだより1月号 2018No264より)

だそうです。夫はセカンドフラッシュが1番好きらしいですが、私は基本オータムナル、気分によってファーストフラッシュですね(#^^#)

スポンサーリンク

 

ルピシア2018冬の福袋届きました

今回は福袋の竹6リーフ紅茶・緑茶・烏龍茶(ノンフレーバード)を注文しました。松と竹だけについてくる特典は、オリジナルトートバッグを選びました。

バッグは持ち手と底面がナイロン、他は綿で出来ています。若干底面がよわそうな気もしますが、大きさはA4も入るくらいで、持ち手の長さはギリギリ肩にかけられるくらいです。柄はザ・ルピシア!という柄です(^^)

福袋の中身は

抹茶黒豆玄米茶 510円
知覧新茶ゆたかみどり2017 1490円
五ヶ瀬釜炒り新茶2017 (完売のようで値段不明)
宇治やぶきた 1080円
阿里山烏龍蜜香夏摘み 1850円
セイロン・ディンブーラ~モンスーンの恵み~ 610円
アッサム・カルカッタオークション 790円
ベルエポック 710円
ドゥームニクオリティーCTC2017 760円
水仙 460円
鉄観音 970円
ミリクトン2017DJ108 1300円

です。ひとつだけ値段不明のお茶がありましたが、わかるだけ合計でも10530円ですから、やっぱり福袋の値段の2倍は入っているんですね。お得です(≧∇≦)b

スポンサーリンク

ルピシアだより1月号届きました

もう今年も終わりですね。ルピシアだより1月号の特集は「お茶でいい夢」ということで、初夢から始まり、夢に関する内容でした。そして新春にふさわしいお茶のギフト商品の紹介や数量限定のいちごのお茶「とちおとめ」やこれからの季節対策に甜茶などの紹介。それからインド・ダージリンで初夏から公共サービスがストライキに入り、製造が止まっていたお茶が復活した記事と共にダージリンオータムナル(秋摘み)の発売を知らせるページも。おいしいお茶が復活してよかったです(^^♪

それから台湾の冬摘み烏龍茶。他にも日本茶や野菜茶が紹介されていましたが、私としては別冊でついてきたケーキとお茶のセットが気になります。これ、以前からあったもので、ルピシア専属パティシエのケーキに、それと合うお茶をセットにして販売していたものですが、以前は月に1度定期的に送られてくるものだったのを、いつでも好きな時に好きなセットを注文できるようになったそうなのです。以前からおいしそうで食べてみたかったのに、月によっては家族の苦手な材料のケーキだったりもして、定期便になるとちょっとなあ・・と買えずにいたのですが、これならみんなが食べられるものを注文できます(^^♪しかも誕生日に合わせることもできそうです。オトナな雰囲気の素敵なケーキばかりです(#^^#)

スポンサーリンク

 

ルピシア 5504 テ・オ・ショコラ

「ビターチョコレートをイメージし、カカオニブとココアパウダーを紅茶にブレンド。」と紹介されたお茶です。ルピシアだよりについてきたお試しのお茶。

カカオニブって何か私は知らなくて、検索したところ、カカオ豆をくだいたものなんですね。スーパーフードとして人気があるらしく、お菓子ではなく健康食品扱いのようです。

さて、このお茶、香りは紅茶ではなくチョコレートです。でも確かにビターのイメージで、甘ったるい香りではありません。ルピシアに、カフェインを抜いた紅茶にチョコレートの香りをつけたエルニーニョというお茶があり、子供たちものみやすい商品ですが、エルニーニョは香りだけチョコレートで味は紅茶でした。それと比べるとテ・オ・ショコラはほんのりココアのようなチョコレートのような風味がします。原材料にローストカカオニブとこココアパウダーが入っていますから、当然その味なんでしょうね。おやつタイムによさそうです(^^)

スポンサーリンク