ルピシアだより4月号届きました

最近ではどこでも「平成最後」と銘打って様々な特集を組んでいますが、ルピシアだよりの4月号の特集は「プレイバック「平成」のお茶」でした。平成の食文化でお茶はどう移り変わっていったかという内容です。

 

 

平成6年に創業した紅茶専門店のレピシエと平成13年に創業した東洋のお茶専門店の緑碧(るーぴー)茶園が統合して平成17年にルピシアが誕生。レピシエ時代に買ったお茶が懐かしいです(#^^#)

そして新茶の紹介と、私の大好きなニルギリ、春らしいフルーツやバラのお茶、母の日特集などが続きます。

そうそう、去年の母の日の贈りものにあったディライトを夫が誕生日にくれたのです。その中にあった茶こしマグ、すごくかわいくて気に入っていたのですが、ふたのふちのくぼみに茶渋がついて落としにくく、陶器タイプの茶こしカップの方が汚れを落とすという面ではよかったです。

裏表紙にはイースターの贈りもの。紅茶とドラジェです。アーモンド好きの私にはドラジェはたまりません(^^♪

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA