アーカイブ | 2018年3月20日

フジテレビ月9 海月姫 最終回

フジテレビ月9ドラマ「海月姫」が終わりました。久々にきゅんとする若い時の切なさが味わえて良かったんですけど、ハッピーエンドで安心しました(#^^#)

以下ネタバレ

 

前回、カイ・フィッシュ(賀来賢人)の所から帰って来た月海(芳根京子)。カイとの仕事の条件を果たせなかったため、天水館をみんなで出ることに。でも漫画喫茶で結局みんな一緒にいるんですね(笑)クララ用品を取りに天水館へ行った月海と蔵之介(瀬戸康史)はそこでカイと再会。カイに「君がミス・月海の才能を捨てさせた」と言われた蔵之介。そして考え直すように言われる月海。それぞれに成長した尼~ずの面々に比べて、自分は成長していないと感じた蔵之介は、大学を辞めてファッションを一から勉強すると決意しました。そしてジェリーフィッシュは解散しようと。すると月海は最後にみんなでショーをやろうと提案。みんなでショー開催に向けてがんばります。

蔵之介の父(北大路欣也)は再開発を見直すことに。そして修(工藤阿須加)に蔵之介の実の母リナ(若村麻由美)をショーに呼ぶように言います。自分は結婚記念日だからと自宅で妻(床嶋佳子)と二人でショーをネットで見てました。しかし、この奥様、できた奥様ですね~。器が大きい人です。

そして修のプロポーズを断った月海。修もいい子だから切ないけど、月海は守られてばっかりじゃだめだって、やりたいことがあるって。修はそれが蔵之介と一緒にショーを開くことだと知って、ちょっと切ない表情をしながらもショー開催に協力し、無料で水族館を会場として借りることに成功。借りられたのも、修が普段からいい子で、困った人を助けるひとだったからです。修君、きっといいひと見つかるよ!

ショー準備には、あのノムさん(安達祐実)とニーシャ(江口のりこ)も参加。みんな揃った~♪そして司会はもちろん花森さん(要潤)です。

しかし、ショーの会場にリナが来ていたことで動揺した蔵之介は、ランウェイを歩けなくなってしまいます。そこで月海、尼~ずみんなにモデルをやらせることに。こんどは私たちが蔵之介を助けると言って。ためらうみんなの中、率先して着替えたのはジジ様(木南晴夏)。「大丈夫、これは私たちのためのドレスです」って。ジジ様、あなたはいざという時いつもすごいよね!そしてもともとモデルだったまやや(内田理央)以外のみんなが全員そろって並びました!ばんばさん(松井玲奈)は前髪あげてね。みんなかわいいお姫様になりました!

楽屋でひとりの蔵之介のもとに、修と一緒にリナが。「十何年ぶりで会った息子が女の格好で・・・」と言う蔵之介に、リナは「大丈夫、私はジェリーフィッシュのドレスの大ファンだもの」と。「母さん、俺ずっと」と泣き出す蔵之介を抱きしめて謝るリナ。蔵之介、お母さんに会えて良かったね!原作ではこの時、月海のドレスが母さんを連れてきてくれたと蔵之介は思うらしいです。

そしてステージの最後、こんどは真っ白なタキシードで男性の格好をした蔵之介が、「ラストステージだ!」と月海の手を取ります。そして振り向きざま、「愛してる」ですよ~(#^^#)

修も、イタリアで言われたリナからの伝言を月海に伝えます。「蔵之介をいっぱい愛してあげて」・・・修も辛かっただろうに、やっぱりいいひとです。原作では修がお兄さんだというから、またちょっと違った印象なんでしょうね。

ショーが終わって天水館で打ち上げをするみんなのところに、カイとファヨン(伊藤ゆみ)が現れます。役員会で解雇され、社長じゃなくなったカイは、退職金として天水館をもらったのだそう。だからこのままみんな住み続けられることに。「家賃はもらうよ。次のドレスを楽しみにしてる」というカイ。カイとファヨンもショーを見ていたのでした。

蔵之介はみんなに男であることを告白、(みんな知ってたけど)そしてニューヨークに勉強に行くと。尼~ずは、男でも女でも関係ないと、また一緒に服を作ろうと蔵之介に言います。

そして今回大爆笑なのは目白先生が滝藤賢一さんだったことですよ~( *´艸`)

千絵子(富山えり子)に一目惚れした目白先生は、千絵子に他の男を近づけないために男子禁制にし、男である自分は引きこもり状態だったんだそうです。なんだそれ(笑)打ち上げにいつの間にか紛れていて、あんた誰?と蔵之介に言われてました。

さて、先生にびっくりして倒れた千絵子をみんなが介抱している間ふたりになった蔵之介と月海。月海は、ニューヨークへ勉強しに行く蔵之介に「待っていません!みんなと服を作ります!だから心置きなく行ってきてください!」と敬礼。そして突然の月海からのキス!「あいさつですよ」といつかの蔵之介のごまかし文句を真似る月海を抱き寄せる蔵之介。二人が抱き合うシーンでおしまい・・・かと思いきや、稲荷(泉里香)が月海の格好をして、「私クラゲおたくだったんですぅ~」って(笑)修をあきらめないんですね、きっと。

花森さんや佐々木さん(安井順平)たち脇役も面白かったし、視聴率的にはそうでもなかったみたいですが、私は久々に楽しく見られた月9でした!後日談がスペシャルとかになったらいいのになと思います(^^♪

スポンサーリンク