アーカイブ

『MFクラウド』が『マネーフォワード クラウド』に名称変更

私が使わせていただいている確定申告ソフトが、

『MFクラウド』から『マネーフォワード クラウド』に変更しました。

でも私にとっては名称が変わっただけで何も変わりません。

無料プランの仕訳数規定が変わってしまって、無料で使えなくなった私は、他のソフトでいいのがあったら変えようかなと思ったのですが、結局いろいろ比較したら有料とはいえ高くはないし、2年使ってみて使い勝手も良かったので、有料プランに切り替えました。

「個人ベーシックプラン年額」というものです。

オンラインチャットサポートもついたし、今までみたいに月間の仕訳数を気にしなくてもよくなったので、まあ良しとするかな。

そして、マネーフォワードから、確定申告のガイドブックが送られてきました。

来る前は、薄い冊子のようなものかと思っていましたが、けっこうしっかりした本でびっくりしました。

本屋さんで参考書を買おうと思っているなら、まずはこのマネーフォワードのプレゼント本を読んでみるといいと思います。

もうすぐ今年も終わりで確定申告の時期です。

さ、がんばるぞ、青色申告!

スポンサーリンク

MFクラウド確定申告・フリープラン登録可能仕訳件数変更!?

現在MFクラウド確定申告のフリープランを利用している私ですが、来月からフリープランでの登録可能仕訳件数が変わることになったようです。

今まで月間15件までOKだったのが年間50件に!大幅減ではないですかっ(-_-;)

もうすでに50件突破しているのです、私。となると有料のプランに変更しなければならない・・・

ベーシックプランは月800円、年額だと8800円、30日間無料期間があります。

使い勝手もいいし、気に入ってたのですが、使っている理由に無料だということがかなり大きいポイントだったから正直ガッカリ(=_=)

でも普通に売られている確定申告ソフトに比べればずっと割安なんでしょうけどね。ちょっと検討します。

 

スポンサーリンク

楽天銀行口座をまた使います!

3月中頃から始めたクラウドソーシングのお仕事。ランサーズとクラウドワークスの2か所を利用して、ライティングのお仕事を中心にタスク作業もこなしながら、ボチボチやっています。

ありがたいことに、継続してお仕事をくださるクライアントさんも(#^^#)



クラウドソーシング「ランサーズ」

報酬がちょっとずつ振り込まれたので、いざ自分の銀行口座に入金依頼、となったら、ランサーズもクラウドワークスも、普段私がフリーの仕事用に使っている銀行口座だと手数料が高い!そしてどちらも手数料が最安の100円なのは楽天銀行でした。実は私、もう10年以上前に楽天銀行がイーバンクという名前だった頃に、ネット銀行が必要で口座を開設していました。しかし今は全く使っていなかったので復活させることに。すでに使えなくなっていたデビットカードも新しく申し込みしました。

CMでもいろいろやっていますが、楽天ポイント使えるところいろいろあるんですね。まあうちは田舎なので、使えそうなお店はマックとミスドとくら寿司くらいかなあ。

とりあえず、初回利用でポイントがもらえるキャンペーンにエントリーしました。がんばって稼ぎます♪

スポンサーリンク

 

クラウドソーシング「ランサーズ」登録してみました

スポンサーリンク

私の仕事はフリーランスで割と自由に時間調整できますが、2ケ月ごとの請負なので2ヶ月の締め日前はしばらく余裕があります。また、建物点検なので天気に左右されやすく、結構忙しさに波があるのです。それで、ちょっとした空き時間にできる仕事はないかなあということで、クラウドソーシングやってみました!

確かにそうそう簡単に稼げるものではありません。何かプロ並みのスキルを持っている方ならバンバン稼げるのでしょうけど、やっぱり所詮は出勤せずに自宅で好きなようにやる仕事ということで、時給換算するととってもさみしいことになります(=_=)

でも家を出たくても出られない人にとっては嬉しいシステムですよね。子育て中の時なんて、本当に出られないですものね(;^_^A

お子さんが寝てる間にちょっとお小遣い稼ぎにいいかもしれません。仕事の種類はいろいろあるんです。システム開発やWebデザインなんていう専門的なものもありますけど、内職みたいなものもありますし、タスク方式という1度にたくさんのランサーが作業をしてあとからクライアントに承認されると報酬が振り込まれる、という仕事は、アンケートとか質問に答えるだけ、とかレビューを200文字で、なんてものもあります。その分報酬は少なくて、1件5円だったりもします。でもスキマ時間にちょこちょこ作業したら、1時間半くらいで400円になりました。例えばこれを平日5日間続けたら、1週間で2000円、1ヶ月で8000円ですよね。子供の習い事の月謝くらいになるかも?慣れたら記事のライティング案件も良さそうです。

外に出られない人は試してみてください。

クラウドソーシング「ランサーズ」

平成29年分確定申告MFクラウド確定申告で済ませました!青色です

平成29年分確定申告、無事に済ませました(^^♪

複式簿記がわからない私が誰かに助けてもらうことなく済ませることができたのはMFクラウド確定申告のおかげです。昨年も確定申告コラムに従って入力すればいいようにわかりやすくまとめられていましたが、今年はTOPページに流れがまとめられていてさらにわかりやすかったです。

入力項目も昨年のデータを使えば名前や住所など改めて入力する必要もなく、生命保険料の控除など、事業に関わる入出金以外のものを手入力するだけで完成!印刷して添付資料を貼って、保存義務のある帳簿を印刷して保管しました。

確定申告会場に行ってみると長蛇の列(*_*;

更に「本日分受付終了」の文字。番号札を持って待ちくたびれた顔をしている人多数。係の人に自分の待ち時間を聞いて「1時間後です」と言われている人のうんざりした顔を見て、私も係の人に質問。「受付終了みたいですが、税務署に直接出しに行けば受け取っていただけますか?」と聞くと、「提出だけなら受け付けますよ、こちらにどうぞ。」と別通路を案内されました。そこは全く並んでいなかったのですぐ提出できました。でも、税務署じゃないと受付印は押してもらえないんですね(^^ゞもし不備があれば後日連絡をもらえるらしいです。でもまあ何時間も待たずに終わってよかったです。

簡単に使えて助かっています、MFクラウド確定。昨年初めて使った時の記事もあるのでよかったら参考までに。

 

スポンサーリンク

 

MFクラウド確定申告今年もとりかかります!

息子のインフルエンザでしばらく仕事ができずにたまった分をなんとか終えました(^^ゞ

そして1月末に公開されたMFクラウド平成29年分確定申告書様式!今年もがんばって作成します。

昨年度も確定申告コラムが公開されていたので、それを見ながら順番に入力していったら、複式簿記がわからない私でもなんとか作成できましたが、今年はさらにわかりやすくTOPページに確定申告の流れがまとめられており、質問できるAIチャットポット「あかりさん」が常に画面右下にいてくれるというありがたさ。有料プランを利用している方は、営業時間内はチャットサポートへ直接つながるアイコンに切り替わるようです。

順番に入力して仕上げていきます!

昨年度利用した時の記事は以下です。利用検討の参考までに。

 

スポンサーリンク

青色申告を電子申告にしたら控除額10万円Up

スポンサーリンク

日経新聞に、2020年1月から青色申告を電子申告した場合、控除額を10万円上乗せすると政府与党が決めたとありました。

私は上乗せされなくても十分な売り上げしかないから関係ないですけど、これは利用したいと思われる方がいらっしゃるでしょう。私は電子申告はしたことがありません。事前の登録が面倒くさいのと、実際税務署の窓口に出しに行った方がなんとなく安心なのとが理由です。でももしもっと売り上げが増えるようなら、検討してみたいと思いました。

私は無料で使えるクラウド型の会計ソフトMFクラウドを使って青色申告をしています。

知識のない人でも使えるように、確定申告のためのコラムも掲載されているので、それを見ながら順を追って入力していけば、申告に必要な書類は勝手に出来上がります。

初めて青色申告に挑戦した時の記事もあるのでよかったら参考までに。

年末、また確定申告はMFクラウドでがんばります

スポンサーリンク

今年もあと1か月です。年末はこの1年の売り上げをまとめて、年明けまもなく確定申告の準備開始です!私は別に青色申告をするほどの売り上げはないのですが、白色でも記帳が必要になったのならどうせなら青色で申告して青色のメリットを受けようということで、簿記の知識なんて全くないし、頼れる税理士さんもいないけど、今年初めて青色申告をしました。

白色申告ではなく、青色申告にすることのメリットは以下のようなものです。

  1. 最大65万円の控除を受けることができる(青色申告特別控除)
  2. 同一生計の家族で、事業に従事している人に支払った給与を必要経費にできる(青色事業専従者給与)
  3. 赤字を繰り越して翌年以後の黒字と相殺できる(純損失の繰越控除)

しかし青色申告は複式簿記ができないといけないのです。私はわからない(>_<)

なので、無料で使えるクラウド型の会計ソフトMFクラウドを使っています。

知識のない人でも使えるように、確定申告のためのコラムも掲載されているので、それを見ながら順を追って入力していけば、申告に必要な書類は勝手に出来上がります。

初めて青色申告に挑戦した時の記事もあるのでよかったら参考までに。

IIJmio 200万回線突破感謝キャンペーンに応募しました

私はもうそろそろ20年になりますが、ずっとdocomoユーザーです。しかしいわゆるガラケーで何もかもやっていると、毎月よくわからないパケットという単位のデータ量がかさんで、パケホーダイをつけて使っていましたが、6000円ほどかかっていました。スマホが普及し始めたころ、スマホにかえることも検討しましたが、スマホにするとさらに月々の料金が上がります。それで2015年12月から、docomoガラケーとIIJmioスマホの2台持ちになりました。docomoは家族や実家の母や親戚がdocomoで、特に家族と母とは電話代無料で、メールは誰宛でも無料なので手放しがたく。なぜIIJmioにしたかと言えば、夫のおすすめだったからです。料金だけで言えばもっと安いものもあったのですが、夫はIIJmioは老舗で信用していいと思うと。夫はネットワークやプログラムなんかの専門なので、この手の話はたいてい夫に聞いている私は、すでに先にIIJmioを使い始めていた夫を信用して契約したのです。

そしてそろそろ2年になりますが、まったく不満なく使っています。家ではWi-Fiだし、3GBプランで十分です。超えたことはありません。始め、通話はガラケーで、スマホはデータのみにしていましたが、個人事業で別の電話番号が欲しかったため、音声通話SIMに変更しました。だいたい毎月1700円ちょっとです。docomoガラケーが1000円くらいなので、毎月の出費が半分以下になりました。

スポンサーリンク

たった1度だけ、なぜが圏外表示が出てまったくつながらなくなったことがありました。それでサポートサービスに問い合わせを送ったのですが、その後再起動を試したらあっさりつながり、急いでまたメールを送って、「先程問い合わせを送ったものですが再起動したらつながりました。原因はよくわかりませんがもしわかるようでしたら今後のために教えていただけると助かります」的な内容で、つながらなくなった時の前後の状況など詳細を送ったのですが、すぐに返事をくださいました。最初に、ネットワーク障害は今のところ発生していないことが書かれていて、

「お知らせいただいた内容から、現在は接続が可能な状態とのことでございますが、弊社では、お客様がご利用の端末における、詳細な情報は持ち合わせておらず、圏外となった理由については分かりかねます。何卒ご了承ください。
なお、今後も mioモバイルにて接続できない、不安定になる等の問題が発生する場合は、ご利用の端末にて、一時的な不具合が発生している可能性もございますので、お手数ではございますが、以下の項目をご確認いただきますようお願いいたします。」

とのことで、その下にこういう場合は~と何パターンも方法が書かれており、そのメールはしっかり保存してあります。何か不具合があったときに問い合わせてみて、その対応が悪いとひどく不満を感じますが、早かったし、文章も丁寧だったし、悪い印象はありませんでした。娘がいずれ自分専用のスマホが欲しいと言っていますが、IIJmioにするつもりです。ちなみにこどもを守るオプション「みまもりパック」は月額500円みたいです。(2017年11月時点)そうしたら、IIJmioのファミリーシェアプランで、ネット環境のない実家の母にタブレットを持たせて、みんなで割安に使うのもよさそうです(^^♪

そして現在、200万回線突破の感謝キャンペーンをしています。早速プレゼントに応募しました♫

2級ファイナンシャルプランナー合格発表

今日は2級ファイナンシャルプランナーの試験の合格発表でした。合格通知は今日一斉に発送されるとのことなのでまだ手元にありませんが、日本FP協会のホームページで、受験番号とカナ氏名と生年月日を入れると結果を照会できます。

私は…合格していました(≧∇≦)b

子供達を置いて夫に任せ、一人で一拍して受験地に行った手前、1回で終わらせたかったので一安心です。実はなんでも私が行ったその日、夫はひどい頭痛が始まったらしく夕飯が準備出来ずに、子供達が2人で近所のお弁当屋さんに食べ物を買いに行ったらしいのです。大きくなったものです。帰ったら、夫の部屋のドアに「お父さんは頭が痛いのです。全力でサポート!」と書かれたイラスト入りの紙が貼られていました。子供達にも夫にも感謝です。

スポンサーリンク

ところで、普段よく聞くファイナンシャルプランナーは、よくFPと記載されていますが、国家資格としてのファイナンシャルプランナーは、「ファイナンシャル・プランニング技能士」という名称らしく、名刺などに表示する際は、FPと略してはいけないのだそうです。

(日本FP協会ホームページスクリーンショット)

今は個人事業主として細々とやってるだけなので、名刺の出番はほとんどないのですが、今まで一級建築士の肩書きだけだった手作り名刺に書き加えようと思いました。